今日の至極当たり前の‟正論”

官邸の圧力!?『報道ステーション』で安倍批判をした古賀茂明が番組を降ろされた!


TVを見ない私には、古賀氏の見解は、普通に考えれば至極当たり前の‟正論”と感じるのですが・・。当たり前が許され無くなる、今日この頃のTVメディアということですかね。


■(抜粋)

 古賀氏の論理は明快だった。

〈日本政府は、2人の日本人が人質に取られ、後藤健二さんに関しては身代金を要求されていることを事前に知っていた。「人命第一」に考えるなら、いちばん大事なことは犯人を刺激しないこと。10億円、20億円程度なら官房機密費ですぐに払える。1月に首相の中東訪問を控えているなら、それまでに解決しておくこともできた。にもかかわらず、それをしないでわざわざ「イスラム国」を刺激するようなパフォーマンスを繰り返し、「『イスラム国』と戦う周辺国に2億ドル出します」と宣戦布告のようなことを言ってしまった。これは「イスラム国」の側からすれば交渉の余地なしということになる。だったら、宣伝に使うか、思いっきりふっかけてやろうということになったのが今回の事態ではないか。

 ではなぜ、安倍さんは人質が取られていることを知りながら挑発的な言動を繰り返したのか? それは、「後藤さん犠牲になっちゃうかもしれないけど、でも、もっと大事なことがある」と判断したのだと思う。では、安倍さんにとってもっと大事なこと、何が第一だったのかというと、「イスラム国と戦っている有志連合の仲間に入れて欲しい」ということだ。しかし、アメリカやイギリスと一緒になって空爆を(安倍さんはしたいけど)するわけにはいかない。だから人道支援ということにしたわけだ。ただ、この人道支援はあくまでも「『イスラム国』と戦うための支援ですよ」ということをアピールしたくて、ああいう言い方になったと思う。

 ただ、我々はやはり「日本は戦争をしない国なんだ」というところにもう一度、立ち返らなければいけないと思う。安倍さんは「有志連合に入りたい」と願っているかもしれないが、日本は憲法もあるし、できないはず。それが今回、安倍さんの発言によって日本の良いイメージが逆の方向に行ってしまった。日本という国は「アメリカの正義」を正義と思い込んでいるんじゃないか? アメリカやイギリスと一緒なんじゃないか? そういうことが世界に発信されてしまい、「イスラム国」にも利用された。しかし、我々は「いや、そうじゃないんだ」と言うべきだ。「日本は戦争をしない国だし、日本を攻めてこないような人たちを一方的に敵だなんて思いませんよ」と、もう一度、世界にアピールしていく必要がある〉

 そして、こう言い放ったのだ。

〈“私はシャルリー”っていうプラカードを持ってフランス人が行進しましたけど、まぁ私だったら“I am not ABE”(私は安倍じゃない)というプラカードを掲げて、『日本人は違いますよ』ということを、しっかり言っていく必要があるんじゃないかと思いましたね〉




PS:想田和弘 @KazuhiroSoda

たかが2年ちょっと前のことなのでみんな思い出して欲しいのだが、古賀氏がやったような政権批判は、第2次安倍政権以前はテレビでも普通に溢れていた。古賀氏が降ろされるということは、それが今やタブーになってしまったということだ。正直、末期的だと思う。




a0170390_20543818.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://turnipman.exblog.jp/tb/20896964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にこ at 2015-02-24 01:02 x
わたしも、コガさんと同じ感想を持っていました。
日本が、ものすごい勢いで権力者の思うように玩具にされているようで、、怖ろしいことになっています。
Commented by turnipman at 2015-02-25 06:34
ニコさん同感です。
どうなろうと“I am not ABE”と言いたいです。
報道ステーションは辛うじて報道の自由を守っているようです。どうなるとも“I am not ABE”を貫いてもらいたいです。
先日、マスコミ関係者から「安倍政権は長くはない」という見解を聞きました。本当ならいいのですが。
by turnipman | 2015-02-16 20:59 | 今日の囀り | Trackback | Comments(2)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip