今日の危惧:トランプによる北朝鮮への先制攻撃があるかどうか

*今最も危惧するのは、北朝鮮の核やテロ対策などではなく、トランプによる北朝鮮への先制攻撃があるかどうかだ。
トランプ、安倍晋三、金正恩という゛悪性の自己愛性人格障害者” 3人が、第惨事大戦を引き起こすかもしれない。
彼らは、平和主義者を装い詭弁を弄して覇権を進めるこれまでの支配者と違って、単純に力で戦争遂行しようとする、ストレートな狂人に思えてきた。

北朝鮮を‟テロ支援国家”と指定し、‟最強のテロ国家”アメリカが直球で先制攻撃をするということ。
理由など、どのようにでもでっち上げ、取って付けることができるだろう。

韓国の国民は冷静に危惧しているようだ。
しかし、一旦事が起これば、アメリカと日本の一部の国民は簡単に騙され舞い上がり、専制攻撃を熱狂的に支持していくだろう。
その方がトランプも阿倍も支持率を挽回できると予想されるから、なお更要注意だ。




a0170390_13053605.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/23827687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cocomerita at 2017-04-22 07:58
ciao turnipmamさん
ないでしょ、、先制でも後出しでも攻撃など
どっちも戦争になど持ち込みたくないのですから、

北朝鮮だって 威嚇したいから撃ってるだけ
本当に攻撃したかったらとっくのとうに日本に命中していると私は思っています
安倍が花見なんかに浮かれてるのが いい証拠
この芯から阿呆な総理は 真剣な振り。さえできないのですね
あのブッシュの坊やでさえ、9.11では必死に下手な演技をしてたと言うのに、、
それよりも、こういうのに紛れて 国内でこそこそ悪事を仕掛け 現実化しようとしている ヤクザも脱帽の内閣の動きの方が私は気になります
Commented by turnipman at 2017-04-22 13:01
ないでしょうかー。
なかったら良いのですが。
ただトランプは、シリアへのトマホーク攻撃といい、アフガンへの最強爆弾投下といい、あっさりやってますね。
次は北朝鮮と威嚇しているだけなのか。

トランプの攻撃姿勢にアメリカ人は賛同者が多いようで、これで支持率を挽回できるかもという目論見もあるでしょう。
日本の安倍は、一旦北朝鮮有事になれば、阿倍友疑惑など吹っ飛び、共謀罪から一気に改憲して戦争する国になれると思うでしょう。
日米首脳の望むところではないでしょうか。

ただ、北朝鮮のお陰様で侵略外交を正当化できてるわけで、北朝鮮が全く無くなっても困るわけで、その辺の線引き読めません。
今回は予想が外れることを期待します。


by turnipman | 2017-04-20 13:21 | 今日の囀り | Trackback | Comments(2)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip