市民と野党共闘さらに

10/25 しんぶん赤旗一面記事より転載

22日投開票された総選挙結果をどう見るか、日本共産党の躍進に期待を表明してもらった識者の方々にあらためて感想・意見を寄せてもらいました。


写真

力強く誠実 市民評価

東京大学名誉教授

広渡 清吾さん

 今回の総選挙は、改憲勢力としての希望の党の出現、これまで一緒にたたかってきた民進党の分裂という難しい事態のなかで、共産党が「ぶれず、ゆるがず、たじろがず」市民との共同の路線を堅持し、新たに結党した立憲民主党をはげまし、社民党とともに、今後の市民と立憲野党の安倍政権に対するたたかいの条件を確保した、そういう選挙だったと思います。

 共産党自身が議席数を減らしたことはとても残念でしたが、「共同」を支えた力強い誠実な活動は多くの市民が評価しています。

 「安倍一強」は、安倍首相続投を支持するが34%、支持しないが51%という世論調査が示すようにじつはきわめて不安定なものです。自民党に投票したのは、全有権者の17%強にすぎません。憲法9条改悪は、さいごは国民一人ひとりの決定にかかります。国会の議席数に目をうばわれず、市民と立憲野党の共同でこれを阻止する国民的な運動をこれからさらに大きく広げましょう。

写真

善意は権力を脅かす

作家

笙野 頼子(しょうのよりこ)さん

 共産党の議席は減り自民は勝った。だけど安倍首相は笑ってはいない。当選者の名前に花を付けていても、妙におとなしい。

 選挙直前の演説で触れるほどに、権力は野党共闘をこそ恐れている。怖いのは立憲民主党の数ではなく、共産党の献身。普通あり得ないその戦略である。他党のため覚悟して身を削って、それで議席を減らしても相手を祝福し、感謝している。金で買う五輪に感動するより、降りた候補と支えた運動員のために泣けと言いたい。

 「けなげ」「かわいそう」というツイートも目立つ、ひたすらの善意は権力を脅かす。

 今の共産党は全ての野党にとり、どの組織よりも怖く頼もしい支持母体だ。数字を見て惨敗とだけ報道して、経過と真実をひた隠す大メディアよ、ひたむきさを冷笑し共感を踏みにじる、そんな国でいいのか? 「積極的棄権」の中、このまま戦争になり地獄になるのか? でも私ももうしばらく抵抗しよう。共産党にのぞみをつないでいこう。(寄稿)

写真

民主主義守る大英断

元外務省国際情報局長

孫崎 享(うける)さん

 立憲民主党の躍進の裏には、共産党が自ら、立憲民主党が立候補している区の立候補を取り下げたことがある。これがなければ、立憲民主党の当選は激減しただろう。国会で民主主義を守るたたかいが、ある程度の効力を持ってできる体制が維持できたのも、共産党の大英断のおかげだ。

 狭義の利益からは共産党はマイナスを被った。もし選挙区から候補者を撤退させなければ、共産党はこれらの区で自己の主張を行い、当選者は増えていた。

 だが日本は今危機的な状況にある。自衛隊を米国の利益のために海外に派遣する態勢が着々と進んでいる。基本的に消費税を増加する分の法人税引き下げが行われ、貧困者の切り捨て政策が促進されている。もし共産党の自己犠牲を行っても民主主義を守る側につくという行動がなければ、民主主義を守る勢力は一気に瓦解する危険すらある。民主主義のためにあえて犠牲も致し方ないとした共産党全体に、一国民として、心からお礼を申し上げたい。
.
.
.
*この間ぶれずに真っ当な対応したのは共産党であり、その議席が後退したのは残念でした。今回は浮動票が立憲民主党に流れ埋没したようです。
 しかし自・公・希・維の改憲戦争推進派(と敢えて言う)は、議席計389から374へ⊖15であり、立・共・社の護憲反戦派は議席計38から69へ⊕31、無所属を加えると⊕40近くになるという結果になりました。
.
 告示前の短期間に野党共闘(希望、維新は自公の補完勢力で野党とは言わない)で政策協定結んだのは、北海道、新潟、滋賀、熊本、沖縄だけだそうです。周知の様にそこでの野党共闘は大きな力を発揮しました。
 その他の選挙区は、共産党が一方的に83ヵ所の小選挙区から候補者を降ろし、立憲民主や社民、無所属から、32人当選させています。
.
 内閣支持率低下の自民党が50~60減っても、野党を分断し第二自民である希望の党が野党第一党になれば、二大極右政党制ができあがり、与野党合意で憲法改悪ができる。今回の冒頭解散には、安倍、小池、前原ラインのそんな目論見があったようです。
 それを打ち砕いたのが立憲民主党であり、陰の功労者は共産党でした。選挙後、彼ら自・公・奇・維面々の顔色が悪いのはその為でしょう。
.
 小池百合子の「排除発言」は安倍-小池-前原ラインが周到に仕組んだものであって、決して失言などではない。前原は立憲民主が立ちあがった時点で、そこまでは「想定内」と嘯いていた。
 詐欺的解党で、民進内リベラル左派を少数派に転落できると踏んでいた。ところが結果は、逆に民進党内の右派が少数派になってしまったというわけです。
.
 公示前の希望と民進分断による野党共闘破壊という、本能寺の変のような謀略事件の中で、立憲民主党の立ち上げがあって、それを身を切るように咄嗟にフォローした共産党の機敏な対応があった。
 その結果は、自民圧勝どころか改憲派は15議席を減らし、護憲派は40近く増やし、土俵際で辛うじて歯止めがかかったと思います。
.
.
 小池晃が言っていた。「僕らは損得や見返りを求めているわけではない。見返りは民主主義」だって。
 大門みきしが言っていました。大義はとおしたけれど「若い有能な議員が何人も落ちて電車の中で一人泣いた」「捲土重来の意味がこの歳になって、やっとわかった」って。
.
 泣かせるじゃねーか。
 私は決めた。今後またクズ政党議員が政党助成金に群がり、分捕りゲームで離合集散を始まるでしょうが、私は最後の一人になろうと絶対に共産党を支持する。
 安倍、小池、前原、、 覚悟しておけ、絶対に許さないから。
.
.
 それにしても日本の小選挙区制度はおかしい。自民党は有権者の17%、投票率では33%しか支持していないのに、議席の過半数を獲得する。多様な民意を反映しない。17%で一強独裁政治が行われている。
 日本政治の漫画的な劣化は小選挙区制と政党助成金に原因がある。野党共闘は少なくとも小選挙区制見直しを、共通政策の一致点にすべきだと思います。
.
.
.
 選挙結果の感想が出尽くしたようです。
 その中で、兵頭正俊氏の見解が私の心境を言い当てていました。
 三宅雪子さんはこれまでスルーしていたのですが、急株上昇中です。
 衆議院選挙総括 ~地獄の選択~
.
.
.
.
*なんですかこりゃ、希望の党の中味って、野党共闘を分断したかった民進党右派議員が乗り移っただけじゃん 笑。 あと無所属の会に何人かいますけど。
 踏み絵のお陰で、裏切り者集団がくっきりして良かったかもね。

a0170390_16493763.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/237922780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by turnipman | 2017-10-27 07:06 | 頑張らないけど諦めない | Trackback | Comments(0)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip