大山とも子さんの思い出

1980年代の半ば、私たち家族は東京新宿区に住んでいた。
共働きで保育園児の子供が二人いて、狭い借家住まいで慌ただしく暮らしていた。
当時は、貧しくとも未来は明るいと信じ切っていたものです。

区立保育園がすぐ近所に有り子供が入園し、相方は父母会長をしていた。
そんなある日、保育料の値上げの動きがあり、区役所前で抗議集会が行われる。私は仕事で不在でしたが、相方は小さい娘を連れて参加していました。

その区役所の集会場に小さな池があって、知らない間に娘が落ちてしまい、寒い時節にずぶ濡れになったそうです。
そこへ感じの良いおばさんが駆けつけ助け上げてくれました。すぐ近くのミキハウスで子供服を買って来て着替えてくれたそうです。

相方はブランドもんの子供服まで頂いて、なんて親切な方だろうと感激しました。
彼女は区職労の組合員で、保母さんとして集会に参加していました。
後に共産党の都議会議員候補に立して、その人の名が「大山とも子」というのを知ります。



あれから30余年。
今共産党都議団の幹事長として、豊洲移転問題を都民の立場から徹底追及している。あの昔と変わらない明るい笑顔のままです。
責任者のしっぽ切りを許さず、石原を初め歴代知事の責任や問題点を解明するよう、強い調査権の有る「百条委員会」設置を、繰り返し提案していました。

そして今朝、ついに「百条委員会」設置の見通しというニュースです。
公明党に続いて自民党都連も追い込まれ、来る都議選上体裁悪いので反対できなくなったようです。
これで巨悪の追及が可能になります。これは凄いことだと思います。


マスコミはあまり報道しないでしょうが、見ている人は見ているのです。
大山とも子頑張れ!と私どもは声援を送る。
(決して子供服を貰ったからだけではありませんよ~ )。




《豊洲問題》党都議団が百条委提案 豊洲問題解明へ不可欠
BY JCP-TOKYO · 公開 2017年2月16日 · 更新済み 2017年2月18日
a0170390_11324099.jpg
百条委設置と議会改革の実現を呼びかける(右から)白石たみお、大山とも子、清水ひで子、尾崎あや子の各都議=15日、東京都庁


赤旗政治記者 @akahataseiji

《都議会「百条委」設置へ》日テレNEWS24http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170219-00000015-nnn-soci
〈共産党などが「百条委員会」設置を求めていて、公明党も設置を求める方針を固めた。これによって過半数に達することが確実になり設置の見通しとなった。日程は20日の議会運営委で話し合われる〉


[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/23663470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cocomerita at 2017-02-28 15:40
ciao turnipmanさん
大山とも子さんとは、私が東京都の子供保護センターのことでその対応の改善を求めて署名を集め、都議会議員全員にメールを送った時
数少ないお返事をくれた方の一人で その後 メールのやり取りしていました
東京オリンピックに際しての都営住宅からの住民追い出しに関して再度連絡しましたが、その時の返答はありませんでしたが、、
オリンピックという 壮大な 金儲けに莫大な人々が集っていますから、いくら彼女でも動きがとれない
返答のしようがなかったのかもしれませんが 苦笑
女であること売りにしてるようないかがわしい女性政治家と違い、また
他の政治家に比べたら 格段世の中のことを考えている政治家ですよね
真面目で真摯な方であると思います
Commented by turnipman at 2017-03-01 09:48
cocomeritaさん
以前メールのやり取りしてた都議会議員って、大山とも子さんでしたか。そして都営住宅の件で返答が無かったとか。実情は測りかねますが、その都営住宅は千駄ヶ谷明治公園の側で、すぐ近所に住んでいたのです。都営住宅廃止は私も反対でした。
何かと縁がありますね。
大山とも子さんを街頭宣伝で一度だけ拝見し握手しました。保母さんだったらしくて、根っから明るく優しい人柄が印象的でした。
今月「百条委員会」が始まります。東の豊洲と西の豊中と、権力犯罪の中枢にどこまで踏み込めるか見ものです。
by turnipman | 2017-02-20 08:30 | 残土録 | Trackback | Comments(2)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip