今日の潮流:「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、真実を語る者が売国奴と罵(ののし)られた世の中を、私は経験してきた」

しんぶん赤旗 きょうの潮流
http://mail.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-31/2016103101_06_0.html

 平和と自由を愛した庶民派の歴史学者。27日に死去した三笠宮崇仁(たかひと)氏の自著からは、そんな人物像が伝わってきます

 戦前、皇族男子は軍務につくと定められていたことから1939年、陸軍大学校に。「今もなお良心の苛責(かしゃく)にたえないのは、戦争の罪悪性を十分に認識していなかったことです」と述懐します。43年、陸軍参謀として中国・南京に赴任。そこで日本軍の残虐行為を知らされました

 略奪、暴行、放火、強姦(ごうかん)。「罪もない中国の人民にたいして犯したいまわしい暴虐の数かずは、いまさらここにあげるまでもない」。驚くのは44年、参謀でありながら日中戦争に疑問を呈し、幕僚に「内省」と「自粛」を促していたことです

 講話のやりとりをまとめた文書の表題は、「支那事変ニ対スル日本人トシテノ内省」。筆者は若杉参謀。三笠宮の別名です。冒頭、言論が極度に弾圧されている中、一般幕僚が大胆な発言をするのは困難なので自分が発言する、と述べています。日本軍の毒ガス使用にも触れ、「聖戦」「正義」と宣伝される時代ほど、事実は逆に近いような気がする、とも

 戦後は新憲法の「戦争放棄」を積極的に支持。50年代後半、「紀元節」復活を目指す動きにも歴史学者として反対しました。「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、真実を語る者が売国奴と罵(ののし)られた世の中を、私は経験してきた。…それは過去のことだと安心してはおれない」

 モットーは、「真実は何か」。残された言葉の重みをいま改めてかみしめたい。



*「一般幕僚が大胆な発言をするのは困難なので自分が発言する」って、昭和天皇の弟だったから弾圧されることは無かったけれど、当時は公表されなかったようです。
宮中にもすごい人物がいたのですね。現天皇もその護憲派の流れを汲んでいるのかもと思いました。
「…それは過去のことだと安心してはおれない」。胸にしみます。



百歳の三笠宮様ご逝去_残された平和へのメッセージ
http://www.dailymotion.com/video/x4zspgp




*「米軍が最も恐れた男~あなたはカメジローを知っていますか?~」をホームシアターで上映しました。
一緒に観た知人がその後沖縄の東村高江に支援に駆け付け、お土産に不屈館で亀次郎人形を買って来てくれました。
a0170390_08331112.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/23333488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by turnipman | 2016-11-02 05:27 | 今日の囀り | Trackback | Comments(0)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip