天皇制と基本的人権

8日天皇の国民向けビデオメッセージを観た。
国政に権能を有しない天皇として、「生前退位」を口に出せないまま遠回しに実情を訴えていた。
これは唯一基本的人権を認められてこなかった天皇の、戦後二度目の人間宣言つまり人権宣言なんだなぁと、ちょっと感心した。

象徴天皇制を全うすることは国民の為に大切なこととし、率先して現憲法を守ろうとする姿勢がよみとれた。
しかしながら、象徴天皇制を支障なく継続することを願いつつも、天皇とて1人間であり老いもあり病もあり、老齢化とともにその勤めを果たすのは難しくなると案じていた。

あくまで一人間(神ではない)であること。定年制の無い職務であること(労基法さえ適用されない)。そこに私が薄っすら期待していた‟天皇の人権宣言“が滲んでいたように思われた。
自民党改憲草案にある「天皇元首化」による神格化なんてまっぴらごめんだと、暗に言っているような気がした。



護憲派天皇陛下万歳\(~o~)/ なのだが、、、。

このビデオ会見の問題の中心は、日本国憲法の象徴天皇制と基本的人権の矛盾にあると私は思う。
現憲法を変えようとする動きが強まる中で、もし変える必要があるというならその1条だけであろう。他は変える必要が全くない。ただし国民の関心は今そこにないので、現段階で無理に1条を変えろと言うつもりはない。
私は象徴天皇制は将来国民の合意を持って廃止すべきだと思っているので、その考えを先に述べておきたい。


天皇が日本の象徴とはどうしても思えない。

古代どこから来たかも分からない一部族の長が、たまたま大和に攻め入り朝廷を築いたわけだ。まさか天から降臨したわけではあるまい。そんな事を信じているのはアホの三原じゅん子ぐらいだろう。天皇一族がどこから来たかは定かではないし、というより出自は隠され続けて来た。(おそらく朝鮮半島からか、東アジア系の海洋民族だったのだろうが、そんなのがばれちゃったらネトウヨは困るのだ 笑)。

日本の象徴なら富士山や桜でも良いし、紀州犬でも良い、寅さんなんて最も象徴的存在ではないかと思う。しかし天皇を日本国民の象徴にしておいたのは、戦後日米の政治的意図による無理筋があったからだろう。天皇制を戦後も継続したのは、米国側が日本で革命が起こるのを恐れたからで、天皇の敗戦受諾の一声で、一瞬にして武装放棄する国民であることを見越してのことだった。それに日本政府や天皇側も恭順したということだろう。

どっから見てもA級戦犯の天皇を残し、誰も責任をとらない無責任社会のコアに、天皇を据える必要があった。自分で考え判断する力が弱く、長い物に巻かれたがる民族だから、皮肉にも戦勝国米による対米従属支配の緩衝材的役割を、象徴天皇制は果たすことになった。
従って象徴天皇制が廃止されない限り、この国では個人の自立した連合としての民主主義は成立しない、という関係にある。

やはり天皇制廃止は外圧によるのかもしれないとも思う。例えばTPPなどで実質国境が死滅し、国の枠の象徴の意義が無くなるというような形で。。 元々天皇制は国民の象徴などではなく、国家権力の支配の象徴なのだ。実質的に国境無き多国籍支配が優位になり国境が死滅しつつある現在、その支配の象徴としての意義も失いつつある。天皇制は国家の成立が起源であり、国境の死滅により終焉する。




a0170390_11545335.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/23098156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from BLOG BLUES at 2016-08-22 22:51
タイトル : 憲法改正運動をやめて、皇室典範改正運動を始めよう!
それこそ、右も左もない、国民運動だろう。 尊皇の気持ち篤い国民は、天皇の「お気持ち」を叶えるために。 個人の権利自由を尊ぶ国民は、人間天皇をプッシュするために。 この運動に反対するのは、尊皇の欠片もない、そのくせ、 二言目には「国柄」だとか「国体」だとか平気でぬかす、 産経新聞とか、ワック出版とか、日本会議とか、安倍総理とか、 「愛国」の仮面をかぶった、天皇の歴史に、無知蒙昧な連中だ。 少しは、勉強せえよ。ひたすら恥ずかしい。 天皇の歴史は、150年やそこらのもんじゃないんだ...... more
by turnipman | 2016-08-10 11:48 | 古道散策 | Trackback(1) | Comments(0)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip