今日の琴線囀:「いいや、あなたは知っていた」

古舘伊知郎 辞める前に最後にいいこと言ってくれました。
「知らなかったんだからしょうがない」という言い訳を聞くことがある。「いいや、あなたは知っていた」という教訓が日本にはないのでしょうか。

PS:どうも削除されまくっているようですね。よっぽど見られたくないのでしょう。
↓でも文字起こしされた方がいらっしゃっいました、助かります。


【報道ステーション】03-18
ワイマール憲法の”教訓” なぜ独裁がうまれたのか?
水道橋博士

今日の『報ステ』は、NHK『新・映像の世紀』の第3集「時代は独裁者を求めた」を、より解説的に語っている。「いいえ、あなたは知っていた」は教訓。



sig_yok ‎@yoksig

古舘氏「ヒトラーは反感を買う言葉を人受けする言葉に変えるのがうまかった。『独裁』を『決断できる政治』に、『戦争の準備』を『平和と安全の確保』といった具合」
⇒「強い日本を取り戻す」という安倍語は最近日本でもよく聞くようになりました。


[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/22620016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jj111iii2016 at 2016-03-21 01:30
流されてゆく人間は、時の流れをぼんやりと、でもしっかり見ているのです。

自分に危害が加わる時のために。

だから側にいても自分のこと以外は見えていないのです。

それが自分の首を絞めることも充分に知っていますが、今を1秒でも先送りしたいだけなのです。
Commented by turnipman at 2016-03-22 12:48
ドイツの場合市民の身近なところでユダヤ人が次々拉致され、どこに行くのかは噂で知っていたけど、知らないふりを余儀なくされていたのでしょう。

日本は身近なところでの加害の経験が少なく、いつの間にか沖縄戦、空襲、原爆となって目が覚めたせいか、被害者意識のほうが強く残ったのかもしれません。

実際はアジアで2千名もの犠牲者を出しているのですが、南京大虐殺にしろ、慰安婦問題にしろ、今でも臭いものには蓋をしたがるようです。
日本の場合、「知らなかった」国民と、「逆らえなかったのだから仕方がない」軍人の連帯無責任社会だったように思います。。
by turnipman | 2016-03-20 09:29 | 今日の囀り | Trackback | Comments(2)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip