小泉元首相“原発0発言”のお花畑

11/12 福島の子供「甲状腺がん疑いも含め59人」という県の検査発表があった。同じ日に、小泉元首相が日本記者クラブで『原発即0』についての記者会見を行った。
翌日の新聞は、小泉会見内容が一面を飾り、県の検査発表はごく小さな記事としてあった。
そして11/19の今朝、小泉元首相の『原発即0』の支持は57%と報道されている。



小泉元首相発言の詳細を毎日新聞で読む。

期限を区切らず即時原発0、今政治決断が重要、代替エネルギーは確保できる、最終処分できないものを再稼働し出し続ける方が無責任・・等、全くその通りである。
そんなことは、これまで反原発の人たちや共産党・社民党などさんざん言い続けてきたことで、何を今更と感じないわけではないが、マスコミが取り上げコクミンが再度考えてくれるなら、それは良いことに違いない。

小泉元首相は新自由主義・市場原理主義を推進し、雇用破壊と低所得層を増大させ、年間自殺者3万人超の社会を作り、危険性を再三忠告されながらも原発を推進した張本人であった。
雨で休みの日に、何かウラがあるのではないだろうかと疑って、その会見の記事を二度読み直してみたが、発言の内容自体はなんら問題がない。歯切れがよく、むしろ気持ちが良いぐらいだ。・・・そして私は気持ちが良くなり、爆睡してしまったのだ・・・。

ところがスッキリと目が覚めて気が付いたのだ。それはこの会見の内容が、原発事故で気持ちの悪くなる、もう一方ののウラの部分には触れていないということだった。
原発問題は2つの側面がある。①今後原発はどうするかということ。②起きてしまった原発の被害をどうするか、ということである。
小泉元首相の会見は、②のおぞましい事故被害への対策はこの記事では出ていない。まるで気持ちのいい、お花畑のような論理展開なのだ。



原発事故は、戦後の自民党政治と電力会社が一体となって引き起こしたものだ。
その責任や反省には全く触れず、まだ涙の乾かぬ人も多くいる中で、今度は原発0の社会を目指そう言う。騙していた本人が「安全神話に騙されていた」などと開き直っている。

映画『少年H』の中で、兵隊でビンタをくらわしていた軍国主義ゴリゴリの上官(原田泰造役)が、戦後焼け野原であった左翼の集会で少年と再会し、「これからは民主主義の世の中ですから」とニヤけて言うシーンがあった。
その戦後史の一コマに見られる嫌らしさは、これまでの自分を反省せず「これからは原発0です」と言う小泉元首相の姿と相通じるように思う。

記者会見の記事の内容には問題なかったが、発言しなかった内容(原発事故の被害と責任)にこそウラがある。
小泉元首相“原発0発言”では、汚染された土壌や流失する汚染水は語られず、ましてや甲状腺がんの発症や作業員の被ばくなど、健康障害の実態にはまったく触れられず、こっそりと事故と自己責任をフェイドアウトさせているのだ。



折しも、小泉原発0発言が初めて毎日新聞:風知草に載ったのが8/26日、告訴されていた東電幹部および政府関係者らが不起訴処分になったのが9/9日であり、時期を同じくしている。
そして、原発被害の最たるものである甲状腺がんの県の検査発表日に(それはずっと前から予定されていた)記者会見をして、一面トップ記事を独占し、検査発表を後方に追いやる形になった。
更にこの小泉発言騒動の裏で、原発事故の実態隠しを目論むであろう秘密保護法案が、今週中にも衆議院を通過されようとしていることに、注意を喚起しなければならない。



日本人初の宇宙飛行士で、福島で農業を営み避難を余儀なくされた秋山豊寛さんが、福井での再稼働反対の集会で言っていた。
「福島では、7代先まで、たたってやるという言葉を壁に書いて毎日読んでいる友人がいます。それ程恨みは深いのです。百姓たちは代々守ってきた田畑が使えなくなってしまいました。こうなるのを阻止することが日本を愛するということです・・・。」



この頃私は思う。故郷は二度と元には戻らないという絶望感がある。悲しみが怒りとなり、怒りが憎しみとなり沈殿し、その祟り漂う荒野が、私にとってのフクシマとなった。
それは原発が0になろうとなるまいと、最終処分場が出来ようと出来まいと、自然エネルギーが普及しようとしまいと、救われることのない全く別な話しとしてある。
どうやら小泉流“お花畑”が“祟りの荒野”を蔽い、疎通の回路はプッツンと切断されているらしい。上と下とに分離され隔離されているように思われてならない。





a0170390_1047320.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://turnipman.exblog.jp/tb/18992808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2013-11-19 11:18 x
>ましてや甲状腺がんの発症や作業員の被ばくなど、健康障害の実態には触れず、

なんか勝手に決めつけてるけど、小泉は講演でも原発作業員の被ばくや、その対応の難しさの話はしてる。

適当に思い込みで言ってる方こそお花畑だよ。

小泉批判してる暇があったら、その百倍も安倍批判した方がいいんじゃないの。
Commented by turnipman at 2013-11-19 12:30
あさんご忠告ありがとう。
11/13毎日新聞の詳報には載っていないということです。
>その対応の難しさの話はしてる。
ということでしたら「綺麗さっぱり出ていない」というのを「この記事では出ていない」に修正させてもらいます
話は出たけれど詳細記事には載らない程度の内容でしょうから、当ブログの言いたい主旨は変わりません。
小泉さんの即脱原発には賛成しますが、今までの断罪がないことを批判してます。
小泉さんにも、東電を破産処理し国家管理として自衛隊を投入しろとか、歴代首相は責任を取って議員を辞任しろとか、まともな事故対策と自己批判を語って欲しいものです。
その百倍も阿部批判・・ それはまったくその通り。自民党政治に対する批判はあちこち書いてますので参照してください。
Commented by turnipman at 2013-11-25 22:24
PS:
週刊ポスト(11月29日号)小泉「原発0」“全文(全発言)掲載”てのが出たので読んだけど、どこにも被爆のことなど言ってませんね~。
このコメントの方何か勘違いしてませんか?
by turnipman | 2013-11-19 10:46 | 2011.3.11 時代 | Trackback | Comments(3)

南海の波打ち際で         記録写真


by turnip